江頭で~す!

DATA
2013年9月10日
CATEGORY
四輪, 東京
TAGS
,

こんにちは関東の江頭です。

埼玉も朝夕はだいぶ涼しくなってきました!皆さんのお住まいの地域はどうですか?

ってどこも大体同じですよね~

 

ってことで今回は、前回の続きでモノコック構造についてですが

 

モノコックのメリットとデメリットについて

メリット:軽量で剛性が高く、床を低くできる特徴を持つ。衝突時のエネルギー吸収性に優れる。車台と車体の位相差振動が無く、乗り心地が良い。

 

デメリット:衝突による変形や腐食で大幅に剛性強度が落ちる。エンジンサスペンションなど振動するものを直接支持するため、NVHを低く抑えることが難しい。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレーム構造とは違い車輛全体がフレームのような構造となっている為、衝突時のエネルギー吸収性は優れているが、その反面全体でエネルギーを吸収するため、剛性と強度が落ちてしまうのです。

鉄板は一度曲がると同じ形には戻りませんし、強度も落ちます。

 

そんな車輛を見極める仕事を我々は日々(炎天下、大雨の中)やっております。

 

それでは、この辺で…また次回をお楽しみに!