構造について

DATA
2013年7月2日
CATEGORY
四輪, 東京
TAGS
, , ,

こんにちは江頭です。もうそろそろ梅雨もあけそうな感じになってきましたね。

さて、今回は前回の続きで、車の構造についてです。

まず、モノコックとフレームの違いです

モノコック構造とは、車体・機体の骨組み(フレーム)の代わりに、外板に必要最小限の加工を施して強度剛性を持たせる設計のことで、内部空間を広く取ることができ、構造を簡素化することで軽量化にもつながる。

フレーム構造とは、堅牢なフレームをつくり、そこに別に製作したボディを乗せる構造のこと。

簡単にいうと、フレームに上物が乗っている状態のものか、フレームと上物が一緒になってできているものか、という感じです。

ちょっと簡単に言い過ぎたかな?

っということで次回は違いについて詳しくお話しします。

それではまた!!