「中古車のススメ」

DATA
2014年11月8日
CATEGORY
四輪, 福岡
TAGS

こんばんは!秋になり木々が見せる哀愁感がたまらなくお気に入りな
九州の楠本です。いや~!!たまらんなぁ~!!あの散って行く紅葉の切なさが(笑)
って皆様、行楽シーズン楽しんでいらっしゃいますか?
こちとら今週末にお出掛けしようと画策しておりましたが、あいにくの雨模様の為
来週にお預けです(涙)

さぁ、長めの前振りをご堪能していただいた所で、今回のススメは
レザーシートについてお送り致します!

皆様方色々なお車乗っていらっしゃると思いますが、やっぱり一度はレザーシートの
車乗ってみたいですよね?

モケットシートやアルカンターラ、カフロンシートにレザー調カバー・・・。
今や各ディーラー、シート戦国時代です(笑)

しかしながら、レザーシートは胡座をかきながらいつの時代もふてぶてしく
グレードの頂点に座ってオーナーを魅了し、その欲求を満たして来ました。

シートヒーター、エアーシートなど他には無い、機能が見せる至福の空間!
欲しくなってきましたか(笑)??
「高いんだよ!コノヤロォ!」の意見が飛び交いそうですが、そんな時こそ
中古車でレザーシートのお車見つけちゃいましょう!

んで、中古車両でレザーシートをお考えの時に注意しなくてはいけないのが
安いからといって、現物を確認しないで買うと大変危険です!
前オーナーの乗り方次第ではシートサイドがひび割れてあったり、
レザー補修が荒かったりとせっかくの気分が台無しです!

面倒でも一度触って日頃からレザーオイルメンテナンスが施してあるのか、
性質上シワが入るものなのでご自分の許容範囲なのかなどを細かくチェックなされる
事をお勧め致します。

キレイに乗ってあげれば、いつまでも味のあるシートで運転出来るので
一押しですよ(^^)

余談ですが、アメリカ車オーナーでレザーシート慣れされていてレザー依存症の方には
ハイランクの仕様である、フォード・キングランチやダッジ・ロングホーンといった
(GMはデナリかな?)赤茶けたサドルレザーで贅沢に仕上げた物があったりしますので、
乗り換え時にご参考になさって下さい!
それでは、次回にお会い致しましょう!
2015-Ford-F-350-King-Ranch-inside-610x412