神奈川エリア担当の津上です。

DATA
2014年11月5日
CATEGORY
四輪
TAGS
,

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね~(´`)

昼との寒暖差で風邪を引かない様、体調管理には充分注意してください!

 

さて、本日は車の重要な消耗部品について少し書き込みたいと思います。

まずはブレーキパッド&ブレーキシュー!

ブレーキは「摩擦」を利用して速度エネルギーを熱エネルギーに変え、その熱を空気中に放出することで減速を行っています。

この「摩擦」を発生させる部分が「ブレーキパッド」、「ブレーキシュー」と呼ばれる部分で、制動時には少しずつ摩耗することで焼きつくことなく制動力を発揮。つまり、使えば使うほど減っていくわけで、限界まで摩耗してしまったときは交換しなければなりません(>_<)ヽ

その摩耗する部分(ライニング)の摩耗限界はディスクブレーキのブレーキパッドの場合で2mm前後。ですが、半分近く減っていたら(新品時の厚みは約10mm)交換を検討するべきで、もしも残りが2mm以下だったなら、ただちに交換する必要があります。また、充分残量があったとしても年数が経過したものは硬化して効きが低下している(これが曲者)ので注意が必要なのです(^^)

雨の日にブレーキが極端に効かなくて冷や汗をかかない様、こまめに点検を心掛けましょう!!